マンション経営は、投資であり、効果的な収益を上げるためにも、コストを鑑みておくことが、大事です。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

マンション経営は投資

インターネットが浸透している今では、投資をしている人も多いようです。
そんな投資を大雑把に見れば、二つのタイプに分けることができます。
すなわち、現物取引と差金決済取引になります。
現物取引には、株式や債券などがあり、差金決済取引には、FXや商品先物などがあります。
マンション経営も、投資の一種ですが、現物取引の一種と見なすことができます。
マンションという建物を所有し、それを利用しながら、収益を上げるからです。
もっとも、マンションを所有する自体で、不動産への投資を行っていることであり、土地などを所有し、転売したり、貸し出したりすることと同様でしょう。
また、見方によっては、マンション経営は、キャピタルゲインでなく、インカムゲインの投資とも言えます。
キャピタルゲインとは、主要となるものの市場取引で、収益を上げることで、株式で言えば、株式売買による差益となります。
収益の大きな部分を占めます。
しかし、インカムゲインは、そういう売買の伴う付随的なものであったり、一定の条件下で一定の割合で発生する収益です。
たとえば、外貨預金の金利収益が代表的なものでしょう。
これを鑑みれば、マンション経営は、所有したマンションを貸し出し、家賃によって、収益を上げることになります。
物自体はそのままであっても、それに付随するもので、利益が発生していることになり、インカムゲインが主である投資となるでしょう。

予算と費用のバランス

こういうことから、マンションを手に入れるには、できるだけ、低価格であることを望むかと思います。
たとえば、中古マンションを購入し、リフォームをすることで、新築並みの物件に変えることです。
あるいは、競売から購入し、同じようにリフォームをすることで、貸し出すということです。
当然、新築物件を購入したり、あるいは、土地を購入し、新築するという方法があります。
どちらも、予算との関係が重要であり、できるだけ、建築費を抑えることが、望ましいでしょう。
けれども、マンションは、住まいであり、あまりにも安く仕上げることで、欠陥工事とならないことも重要です。
今の時代は、情報化社会であり、たとえローカルな出来事でも、瞬く間に世界中を駆け巡ります。
評判に尾ひれがつき、それが風評被害となる恐れもあります。
たかが自分のマンション、と思わず、されど自分のマンション、とも思う方が、得策でしょう。
さらに、マンション経営は、マンションを持ち、それを賃貸すれば、それで終わりではないようです。
マンション管理が大事であり、諸費用も重要です。
機械で言えば、メンテナンスに相当し、むしろ、そういう維持費が、大きな負担になりかねません。
そうは言いながらも、建築と同様、あまりにもおざなりになれば、入居者がいなくなることもあります。
結局は、適切な管理会社を見つけ出すことに尽きるのでしょう。
このように、マンション経営は、投資の一種です。
収益を上げるためには、コストもまた、常に考えておくべきことでしょう。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.