マンション経営には、種々のものがあり、なおかつ、オーナーの義務もあるようです。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

経営方法を知っておく

経営にも、種々の方法があるようです。
会社経営もあれば、個人商店もまた、経営の一種でしょう。
何かをマネージメントし、利益に結びつくようにするのが、一般的な意味での経営と言ってもいいのかもしれません。
それを鑑みれば、マンション経営も、まさに企業経営に近しいものと言えるでしょう。
そんなマンション経営においても、一連の流れがあります。
仮に新築マンションの経営を考えているのであれば、まずは、土地を購入し、建築会社を選び、管理会社を選定し、入居者を募集することでしょう。
また、中古マンションを購入し、経営をするのであれば、建物の状況によって、リフォームが必要です。
それを施したのちに、入居者を募るようになります。
さらに、建売としてのマンションもあります。
インターネットなどでも募集がなされ、情報収集なども簡単に行えます。
あるいは、競売で物件を購入することも可能です。
競売であれば、一般市場よりも価格が安い傾向があります。
しかし、基本的に借金を支払いに割り当てられるためのもので、種々の権利が付与されている可能性があります。
その点については、十分気を付けるべきでしょう。
また、マンション経営で収益を上げるのであれば、入居者が必要なことは言うまでもありません。
それには、きちんと入居者を募集してくれる管理会社などの選定が大事です。
しかし、場合によっては、自ら募集することも、間違いではないでしょう。

オーナーとしての義務

ただし、マンション経営ということは、所有権を持っているオーナーであり、いわゆる大家に相当します。
大家であれば、種々の義務が生じることになり、それをきちんと守ることも、法律上、求められていることです。
むしろ、経営には、こういうことが重要かもしれません。
その義務となっているものは、当該マンションの維持管理です。
これは、マンションばかりでなく、アパートなどにも関係し、賃貸物件であれば、貸す側の人すべてに当てはまることです。
たとえば、家賃の管理がそれに該当します。
振り込みなどの確認を行い、遅れがあれば、早急に対処することが求められているようです。
あるいは、建物のメンテナンスも、オーナーが行うことになっています。
修繕が必要であれば、早急に行うことが求められ、それを怠れば、オーナー自体が義務違反となります。
さらには、契約の遂行をきちんと確認することです。
良くあるケースが、独り住まいであることが条件であるのに、数人で住み着くこと、あるいは、最近のペットブームに反映されてか、犬を一匹まで飼ってもいいことになっていながら、数匹飼っているなどです。
あるいは、入居者からのトラブル対応依頼も、オーナが対処することになり、空室管理もまた、求められているようです。
しかし、これらのことは、通常、不動産管理会社に委ねられているようです。
このため、マンション経営を健全に行っていくにも、不動産管理会社の選定は、重要であるとも言えるでしょう。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.