マンション経営であれば、入居者のトラブル対応が必要な時もあるかもしれません。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

様々なトラブル対処

人が集まれば、時に問題が生じます。
これは、交通機関であったり、あるいは、公園などの公共の場でも起きることです。
また、学校はもちろん、会社などでも、時に人と人の衝突が生じてしまうことがあります。
これは、ある意味、仕方ない面もありますが、できるだけ、早めに対処することが重要です。
マンション経営でも、そういうトラブルが生じることがあります。
それを早めに対応することが、オーナーに求められています。
いたずらにそのままにしておけば、思いもよらない大きな事件に発展するとも限りません。
些細なことであっても、可能な限り、完全解決することが求められます。
しかし、マンション経営者が、すべてそういうトラブルに関わるかと言えば、それもまたあり得ないでしょう。
たとえば、入居者と同じマンションに居住しているのであれば、大家としても知られているため、トラブルの場合には、直接訴えて来ることがあるかもしれません。
これは、自宅をマンションに変えた場合などにあり得ることです。
もちろん、アパートでも同様です。
けれども、一般的には、マンション経営者であれば、不動産管理会社に一任するケースが多いようです。
そのため、トラブル解決も、不動産管理会社が行うことが、一般的でしょう。
そうは言っても、完全に任せきりであっても、良くない事態が生じることもあるようです。
その点については情報共有が大事になるでしょう。
では、どのようなトラブルが考えられるのでしょうか?

代表的なのが騒音と家賃滞納

まず、なんと言っても、騒音トラブルが多いようです。
隣のテレビの音がうるさい、あるいは、洗濯機の音がする、さらには、子供のはしゃいでいる声で迷惑しているなどです。
マンションであれば、鉄筋コンクリートが主要な造りであり、建物が頑丈であることが、一般的です。
音が伝わりにくいと考えられがちですが、実際は、その逆であったりするようです。
配管を通って伝わって来たり、あるいは、壁の振動もあるようです。
しかも、上から聞こえても、実際は階下であるなど、容易には原因がわからない面があります。
しかし、騒音トラブルに対応することは、現在のような個人が尊重されていることは大事なことです。
場合によっては、修繕する必要もあるかもしれません。
騒音以外であれば、家賃滞納問題があります。
一般常識からすれば、家賃が遅れないのは当たり前ですが、なんらかの拍子で振り込みが遅れてしまう場合は、その旨の連絡があるはずです。
あるいは、分割方法せざるを得ない時でも、その理由などの説明があるはずです。
しかし、中には、連絡もせず、訪ねても出てこないことなどもあり、完全な滞納と呼べるケースがあります。
こういう場合、訴訟に至るケースも考えられます。
そのため、できれば、相談できる弁護士がいる方が、有益かもしれません。
ただし、不動産管理会社に相談し、そういうトラブル対処の専門家がいるかもしれません。
状況によって、そういう専門との共同対応も、大事になるでしょう。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.