マンション経営には、税金とローンを知っておくことも、大切なようです。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

税金とローンについて

経営において重要なことは、収益を上げることでしょう。
できるだけ、費用を抑えることが、すべての経営者に共通した問題であるとも言えます。
マンション経営についても、同様なことが言えます。
できるだけ、安い価格でマンションを手にし、そうして、入居者に貸し出すというのが、収益を上げるための大切なことです。
それには、税金やローンについても、理解しておくことが必要です。
日本の税制上、所得のあるところ、すべて課税対象となります。
給与所得でも、あるいは、不労所得でも、税金を支払うことになり、マンション経営は、投資と同様、不労所得となるため、当然課税対象です。
このため、節税が大事であり、信頼できる税理士を見つけることも重要でしょう。
あるいは、ローンであれば、マンション購入のために利用することになります。
もちろん、新しく建てる場合も、ローンが利用でき、さらには、中古マンションをリフォームする際も、ローンで賄うことができます。
基本的に長期であるため、月々の返済負担が軽減できる可能性もあります。
そうは言っても、長い目でみれば、返済が厳しくなることもあるようです。
結局、マンション経営は、入居者がいなければ、収益にならないとも言えます。
では、具体的には、どのようなものになるのでしょうか?

色々ケースがある

まず、税金についてですが、一般の住宅と同様、固定資産税が加算されます。
これは、市区町村が徴収するもので、当該マンションを管轄している役所に対し、支払いをします。
各市区町村で税率が異なるようですが、土地を持っている方が、税率が高くなる傾向にあるようです。
仮に土地は持っているけど、何も使っていない、ということであれば、活用した方が税金面では、有益であるようです。
また、都市計画税も関係することがあります。
これは、市街化区域内の建物に課せられるものです。
立地場所によって、発生しないこともあり、また、市区町村によっても、税率が変わります。
また、相続税も、支払わなければいけない場合があります。
もちろん、親から受け継いだマンション経営であれば、関係して来ることです。
あるいは、土地そのものを相続し、そこに新たにマンションを建て、オーナーになるのであれば、土地に対する相続税が発生します。
当然、個別で税額も変わってきます。
また、ローンに関しては、各種金融機関に傾向があります。
たとえば、銀行系や公的金融機関であれば、金利が低めですが、その分、審査結果までに時間が長い傾向があります。
あるいは、ノンバンク系であれば、審査結果が出るまで、それ程時間が掛からなくても、金利が高めの傾向があります。
さらに、不動産用のローンに関しては、保険会社も提供しています。
加入者であれば、利率の優遇措置を受けられる可能性があります。
ただし、審査が厳しめであり、なかなか通らない可能性があります。
たとえ加入者であっても、そういう傾向があるようです。
ともあれ、税金もローンも、マンション経営からすれば、コストに相当します。
できるだけ、抑制することを心掛けるのが、ベストなマンション経営につながることでしょう。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.