マンション経営も、結局は、不動産賃貸であるということを十分承知しておくことが、大切でしょう。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

結局は賃貸

日常行為は、法律で解釈できるようです。
もちろん、法治国家である以上、当然のことかもしれませんが、何気ない日常行為まで、法律の解釈ができるということは、驚きにもなるでしょう。
マンション経営においても、そういう法律と関わります。
借地借家法というものがありますが、それが大きく関係するでしょう。
これは、不動産賃貸に関係する人には、必須の法律とも言えます。
たとえば、宅建という資格がありますが、これは賃貸物件の仲介などを行える資格です。
借地借家法を理解することが必須でもあり、資格試験でも出題分野となっています。
当然、借り手になる場合も関わって来るものですが、賃貸物件を利用する者としては、すべてを理解していなくても、問題ない面があることは確かです。
マンション経営においても、同様でしょう。
しかし、最低限の知識を有していることは、貸し手からすれば、必要なことでもあります。
むしろ、貸し手にも義務などがあるため、知っておかなければ、いけないことでしょう。
マンションの部屋を借りていたければも、今度は貸す側に回る、という人も、多々いるのかもしれません。
そうであれば、多少なりとも、経験したことと関連性が出て来るかもしれません。
いずれにせよ、貸し手として知っておくべきことが、いくつかありますが、大きく分ければ、契約とトラブルに関わるものとなるようです。
では、一体、どのようなものがあるのでしょうか?

契約でもトラブルでも、敷金が代表的

まず、契約に関してですが、借り手からすれば、一か月分の前家賃、仲介業者への手数料、礼金、敷金を払うことが、基本的な内訳になるでしょう。
もちろん、物件によっては、発生しないものがあります。
しかし、概ね、上記のような内訳になっています。
その中でも、マンション経営者が、しっかり認識しておくべきことは、敷金になります。
これは、借り手が退去した後、部屋のリフォームをしますが、当初の計画していたお金よりも高くなり、なおかつ、退去者の責任で部屋の損傷などがあれば、その修繕費用に充当するようになります。
いわば、リフォームのための保険のようですが、これは、借り手において、借りているものに対する善管注意義務とも関係します。
いたずらに借りているものを傷つけることが禁じられています。
敷金は、それに違反した場合の保険でもあるのでしょう。
仮に敷金では修繕費が賄えないようであれば、貸し手は、退去者に不足分を請求することができます。
マンション経営者であれば、十分承知しておくべきでしょう。
しかし、敷金については、借り手と貸し手の間に相互理解が十分ではないケースもあるようです。
このため、トラブルに発展する可能性があります。
借り手としては、退去時に必ず返って来るものとの認識があり、保険のようなお金であるとは、認識していない場合があるようです。
これを理解してもらうには、不動産仲介業者などが、契約時にきちんと説明すべきことなのでしょう。
しかし、それが十分ではないケースもあり、貸し手から告知しておくこともまた、トラブルを引き起こさないための未然防止にもつながるでしょう。
ちなみに、敷金を巡って訴訟になることもあります。
金額によりますが、基本的に敷金を巡る裁判は、簡易裁判所で行われ、少額訴訟と呼ばれています。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.