マンション経営を続けるのであれば、入居者がいなければ、利益に結びつかないでしょう。

マンション経営の重要ポイント
マンション経営の重要ポイント

入居者を募集する

賃貸物件であれば、入居者がいなければ、物件としての価値がないと言えば、言い過ぎでしょうか?
結局、マンション経営も、当該マンションを人に貸し出すことで、利益に結びつくことになります。
そのため、入居者が利用できるようにすることが、重要なことでしょう。
それをするためにも、入居者を募集することが、大切になります。
不動産管理も行っている企業であれば、入居者の仲介もしているケースがあります。
そうであれば、管理会社に一存することで、マンション経営者の手間も省けるかもしれません。
しかし、それですべてが順調にいくかと言えば、そうではないでしょう。
管理会社にもいろいろなものがあり、希望が大きければ、入居者も集められるということではないようです。
仮に入居者に関しては、地元の不動産屋に依頼した方が、適切なこともあります。
あるいは、インターネットを使い、入居者を募ることもあります。
今の時代であれば、不動産屋も管理会社も、ホームページを公開していることが、一般的です。
入居者募集についても、そういうホームページで行われていることが、多くなっています。
場合によっては、マンション経営者自ら行うこともあるでしょう。
あるいは、住宅情報誌などで、入居者募集広告が掲載されています。
そういうところを使うのが、適切です。
しかし、広告を出すとなれば、それなりの企業規模のあるところに依頼することが、重要になります。
それなりの費用も掛かるため、コストに関しても。
十分弁えておくべきでしょう。

入居審査と部屋の鍵管理

また、入居者募集もさることながら、入居者を決めることでも、念頭に入れておくべきことがいくつかあります。
まず、審査が重要でしょう。
これは、収入などを鑑みるようになります。
概ね、年収が年間家賃の3倍程度から、貸し出すことが適切なようです。
ローンにおいても、この程度まで審査に通るとのいわれがありますが、家賃についても、同様なのでしょう。
また、最近では、ペット飼育が認められていない物件では、あまり入居者が来ないという現象があるようです。
このため、特に新築であれば、ペット飼育を許可していた方が、広く人を募集できるようです。
ただし、ペットと暮らす人にも、審査が必要です。
これは、ペット審査とも呼ばれるもので、最近、行われるケースが増えているようです。
申請された通りのペットであるか、あるいは、人と対面しても、興奮しすぎないかなどを試すようになっています。
さらに、マンション経営を進めているのであれば、退去者と入居者の入れ替わりが起こります。
その場合、部屋のリフォームもさることながら、鍵の交換あるいは鍵の受け渡しなども、重要になります。
不動産管理会社に一存する方法もありますが、自分の住まいも兼ねているマンションであれば、鍵の管理は自分で行うことが、適切かもしれません。
その際には、退去者が出た部屋の速やかな鍵交換とともに、入居希望者が来た場合の鍵の貸し出しも、自ら行うことが、望ましいかもしれません。
しかし、経営しているマンションが、自宅を兼ねていないのであれば、この限りではありません。

Copyright (C)2018マンション経営の重要ポイント.All rights reserved.